横浜西口 漢方内科・糖尿病内科

医療法人 養光会 ベイサイドクリニック

045-312-1151

# 漢方科・内科・総合診療科 糖尿病内科・日曜診療 横浜駅西口徒歩6分

保険診療の漢方治療と専門医による糖尿病治療

ベイサイドクリニックでは
保険診療の漢方と西洋医学を活用し
患者さま一人ひとりに
最適な医療を提供したいと考えています。

 寒くなると血圧が上がり、肩が凝って、皮膚も乾燥してきます。腰痛などの筋肉の痛みも悪化します。これらには血流や血管が関係しており、漢方では血(けつ)の障害だと考えられてきました。桂枝茯苓丸や当帰芍薬散など、血(けつ)に作用して改善する漢方薬が数多くあります。

もともと漢方薬には、血圧・血糖値などの「数値」を治すという意識はありませんが、肩こり・腰痛などの「症状」に対応するように作られています。しっかり飲んでいくことで、ご自身の弱点が修正されていきます。血(けつ)の一症状である「こむらがえり」も、おきにくい身体にしていくことができます。

また冬は風邪の季節ですが、多くの人がマスクをはずし始めたこともあって、インフルエンザの流行も早まりました。「風邪薬をずっと飲んでいるのになかなか治らない」という声を時々聞きますが、総合感冒薬の下熱作用が足を引っ張っている場合があります。

2000年前の傷寒論には、(風邪ウイルスを追い出すために)積極的に身体を温めたらよいと書かれています。熱に弱いウイルスはたくさんあり、暖かくしている方が身体の防御反応も高まるので、「風邪」をひきにくく治りやすくなります。葛根湯などの漢方薬は身体を温めて治癒力を高めてくれますので、上手に使って冬の寒さを乗り切ってください。

参考文献

萬谷直樹:痛みに対する漢方療法. 高崎医学54;21-23, 2003

診察・受付時間・診療日診察・受付時間・診療日

電話予約:045-312-1151

  • 2024/06

    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30

    6月の日曜外来は 6/23です。
    6/18(火)は振替で休診となります。

来月以降の診察日を確認

診療時間
午前 10:00~12:30 午後 14:00~18:30
受付時間
午前 予約受付 10:00~12:15 初診予約受付 10:00~12:00
午後 予約受付 14:00~18:15 初診予約受付 14:00~17:30

■ 診察は予約された患者様を優先しております。

  • ご予約は前日までにお電話で承ります。
    電話予約:045-312-1151
  • 当日予約外受診ご希望の方は受付時間が異なるため、お問い合わせください。
  • 当院は完全予約制ではなく「予約優先制」のため、当日の状況によりやむなく診察時間が前後することがございます。(→診療案内)
  • お支払いは現金のみです。
第4日曜外来:診療時間
午前 9:00~12:30 午後 14:00~17:30
第4日曜外来:受付時間
予約受付 午前 9:00~12:15 午後 14:00 ~17:15
初診予約受付 午後14:00~16:30のみ

休診日

  • 月曜・祝日は休診日です。
  • 月に一度、第4日曜日に診察するため、前または後の火曜日が振替休日となる週があります。 (→診察日カレンダー)
横浜・漢方医・ベイサイドクリニック・受信するかお悩みの方へ・受診のめやすがチェックできる・ubie

MAP

〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目20-11 NSビル6階
電話予約:045-312-1151
横浜駅西口より徒歩6分 → GoogleMap

お知らせ

  • Withコロナ

    発熱などの症状がある患者様

    新型コロナへの対応が日々変化しておりますが、当院では他の患者様との動線が分離できないため、引き続き、発熱などの風邪症状の方の診療をお受けすることができません。

    受診先は、横浜市 045-550-5530 または 0120-547-059(24時間対応)にご相談なさって下さい。

    院内でのマスクの着用もお願いいたします。ご理解とご協力をお願い申し上げます。

    ベイサイドクリニック院長

  • 2024年2月休診日

    2月27日(火)は休診日です。2月25日(日)は午前糖尿病外来、午後は一般及び糖尿病初診外来です。よろしくお願いいたします。

  • 腎機能改善

    60歳男性。7年前よりクレアチニン1.2など軽度の上昇があり、最近1.33まで悪化。漢方薬を開始してから1.33→1.2→1.1の正常値まで改善しました。院長

  • 横浜駅西口 ベイサイドクリニック インフルエンザワクチン接種 残りわずか

    今年度は夏からインフルエンザ流行がみられ、感染される方が多かった印象です。お陰様で当院でも数百名の方がインフルエンザワクチン接種され、定員数終了間近です。(残り10数名)気になる方はお早めにお電話でお問い合わせください。TEL:0453121151 一般接種:¥3900 横浜市在住65歳以上の方:¥2300 

  • 年末年始の診療日について 

    <横浜駅西口 ベイサイドクリニック12月診療予定>12月19日(火)は休診です。12月24日(日)はAM糖尿病専門診療・PM一般内科診療日です。年内最終診察は12月27日午前診療までです。(最終受付am12:15)2024年年始は1月4日から通常診察です。

  • 土曜日の受診について

    当院を初めて受診される方は、ご希望の診察科目確認のため、必ずお電話にてご予約をお願いいたします。TEL:045-312-1151 当院は予約優先性のなので、ご予約が無い場合はかなりお待ち頂く可能性がございます。ご予約無く直接ご来院された場合は、状況により、仕方なくお断りすることもございます。御注意いただけますと幸いです。 院長 萬谷直樹

院長ブログ

漢方に関するコラムや、処方・漢方薬による糖尿病治療を続けている方々の血中クレアチニン濃度の改善例など掲載しています。

  • 第2回 冬の漢方

     寒くなると血圧が上がり、肩が凝って、皮膚も乾燥してきます。腰痛などの筋肉の痛みも悪化します。これらには血流や血管が関係しており、漢方では血(けつ)の障害だと考えられてきました。桂枝茯苓丸や当帰芍薬散など、血(けつ)に作用して改善する漢方薬が数多くあります。 もともと漢方薬には、血圧・血糖値などの「 […]

  • 新ホームページ開始です

    横浜駅西口ベイサイドクリニック院長の萬谷です。スマートフォンの普及に伴い当院のホームページもスマホで見やすく、診療日や診療時間をすぐにご確認いただけるよう改善しました。漢方科・糖尿病科の各コンテンツは右上のメニューよりご覧いただけます。糖尿病、日曜外来については初診の案内よりご確認ください。 045 […]

  • 「日本漢方」の特徴

     吉益東洞という江戸時代の漢方医が「見えないものは言わない」を貫いたように、陰陽五行論や現代中医学などの理論的説明や解釈を日本漢方は避けます。腹診や経験から処方を導き出して「論より証拠」を重んじるので、師匠なしには習得しにくいと言われています。   「説明しない」を貫くことは意外に困難で、熟練した漢 […]

  • 季節の漢方 .1

    第1回「ウイルスと漢方」  日頃から漢方薬を使って診療していますが、「季節にあわせて漢方を衣替えしていきます」とお話すると驚かれることがあります。診察ではゆっくり漢方のおはなしをする時間がありませんので、このブログを通して漢方の話題を少しずつご紹介していきたいと思います。  第1回は、インフルエンザ […]

  • 季節の漢方

    春から夏に向けてだんだん暑くなりますが、いかがお過ごしでしょうか。新緑の薄緑から深緑にかわっていくように、ひとびとの装いも変化して行きます。冬には食べたいと思わない酢の物も、夏にはおいしく感じるようになります。 個々の漢方に、各々「温める・冷やす」の方向性があり、中庸のものもあります。冬向けの漢方薬 […]